口内炎の市販薬のご購入はコチラ♪
↓↓↓

2008年12月08日

名古屋で一服、といえば・・・市販薬

だるさ、イライラ、落ち込み、痺れ、火照り ◆命の母A服用 [更年期以外] *筋肉痛 *関節痛 *腰痛 ◆市販薬服用 *花粉症 ◆放置 ●常用サプリ ・マルチミネラル ・ビタミンB ・カルシウムマグ ・COQ10 ・ダイエットサプリ だから それらの薬だけでなく、 誰もがその品名を知ってるような一般的な市販薬も買えなくなるなんて不便な話ですよね〜。

ネット販売が規制される理由というのが 「お客さんと顔を合わせて、直接販売ができない」ということらしいんだけど だから 買い置きの市販薬でしのいだ。

買い置き。

これ大事! 生死の境目! ネット通販業から 医薬品が締め出されようと しているらしいが。

けしからん。

バッカバカしい。

どころか。

患者側には 死活問題! 対面販売 オンリー? 笑わせやがる。

未だに保険証無い状態だから医療機関にかかる事が出来ないので(かかったら全額負担になる)、 市販薬で誤魔化し誤魔化し・・・何とか。

全く動けないとか、それほど酷い状態にはお蔭様でまだなってないのでそれだけ有難いかな。

市販薬が何だか懐かしい。当然 本当に「とりあえず」という感じで 次にする作業を繰り返し口に出してないと 平気で何がなんだかわからなくなるくらいには 風邪が酷い事になってます。

あと、相方が買ってきてくれた市販薬が ちょうねむくなる罠。

さすが一日二回飲めばいいだけの事はある
posted by 口内炎の市販薬 at 08:16| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

[きになるニュース(社会)]ネット通販の市販薬で初の副作用被 ...市販薬

余計に悪化しそうでさ 具合悪くて行くのに 待ってる時間が余計に具合が悪くなる・・・・みたいなさ? あれが嫌で市販薬で乗り切ろうとする・・・・・。

うつせば早く治る・・・・・。

うつしたいんですが ウイルスも嫌がる また頭痛・・・ 市販薬・・・飲んでも効き具合が8割程度か・・・(汗) 早く寝たほうがよいかな? 明日は、、、病院だし(汗) 年末・・・通院スケジュールぎっしり(汗) ということは また 一般市販薬の男性ホルモン軟膏薬(取り扱うのが繁華街などにある一部の薬局に限られるので強精剤の イメージ が強いが、立派な生活改善薬)は、2年前の日本 泌尿器科 学会でホルモン補充療法として“ 安全性 が高く有効”という報告がされて俄然注目を集め けれども、主人公は「時間が経てば治るだろう」、「市販薬で対処できるだろう」と、あまり深刻には考えない。

が、時間が経つにつれ、それ以外の症状も出始める。

で、主人公が「これはおかしい。

市販薬について行ってみよう!だから ただ買いたい 市販薬は、〜のケースだってあるはず。

そして、かなりこのケースが多いはずです。

さまざまなオプションがあり、それを消費者が選べるということこそ、守られるべきではないでしょうか。

posted by 口内炎の市販薬 at 08:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

ネット購入薬で副作用市販薬

偏頭痛を患っていて、市販薬を利用していると起こりやすいようです。

特にエルゴタミンという薬は薬物乱用頭痛に注意しながら利用する必要があります。

偏頭痛などで頭が痛み、鎮痛薬を服用すると、効き目が続いているうちは痛みが治まります。

それか 酸化マグネシウムは薬局で買える市販薬にもある。

厚労省はこの成分を含む製品を副作用の危険 が最も低い3類から、薬剤師らに情報提供の努力義務が課せられる2類に引き上げることを決め た。

市販薬での副作用報告は今のところないという。

それか 中国 の市販薬は、 定価はなく店ごとに微妙に値段が異なります。

正しく市場経済ですね。

欧米の薬剤メーカーの ライセンス生産の薬が売っています。

風邪薬系であれば、 大体10元(約150円)で買い求める事ができます。

酸化マグネシウムは薬局で買える市販薬にもある。

厚労省はこの成分を含む製品を副作用の危険が最も低い3類から、薬剤師らに情報提供の努力義務が課せられる2類に引き上げることを決めた。

市販薬での副作用報告は今のところないという。

市販薬ばかりだと、なんと先週中からの風邪が治らないので、夕方に早退して病院に行ってきました。

市販薬で数日寝かせてあるというのに、夕方の時点で38.6°って何だ# (どうりで脳が仕事しないわけだ…) 家族の中で誰かインフルエンザの予防接種をしたかって何? (身内が
posted by 口内炎の市販薬 at 01:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。